FC2ブログ

人工呼吸

1.傷病者発見。大出血なし(大出血していると人工呼吸と心臓マッサージはできない?
2.2次的災害なし

2.5 見て聞いて感じて)唱える
3.声を掛ける、「大丈夫ですか?」「大丈夫ですか?」「大丈夫ですか?」だんだん大きく このとき、いきなり傷病者が起き上がるかもしれないので傷病者のでこを抑えておく。

4.脈を計る、1.2.3.4・・・10まで数える。この際、首を絞めていると思われないように、自分側の手前で傷病者の首の脈を計る。脈なし、呼吸なし。

5.救援を呼ぶ、やさしそうな人をw 「あのあなた、救急車を呼んできてください、そして必ずここに帰ってきてください」次の人に「すみません、あなた、AEDがあったら、ここに持ってきてください。」


6.人工呼吸開始「人工呼吸します」あごを↑に上げ気道の確保、ふーと吹き込む、2回。

7.心臓マッサージします!(かならず独り言をいうことw傷病者が女性だった場合やばい
30回おこなうが、傷病者の胸と胸の間で 自分の親指の付け根で押す 真ん中 自分の左手の親指の付け根を使う場合、右手は左手の指の間にいれ握る(右手) かなりきついが 必要な とこ以外は 触らないのだろうか

6.7.を繰り返す 5セット

5セットを行い、助からないときはどうなってしまうのか。

人間1600ccでると、死にいたる危険があるらしい。

コメントの投稿

非公開コメント

人工呼吸

救急マニュアル >> 3.心肺脳蘇生法(心停止・呼吸停止における処置) >> 2 心肺脳蘇生法の手順
2 心肺脳蘇生法の手順
「ER小講義」乳児における脈拍の触知
①意識障害の患者が発生した場合の対応の手順
 意識障害の患者が発生した場合に示すフローチャートに従って対応する。
②一次救命処置(BLS:Basic Life Support)
 意識がないのが確認できたら,助けとAED持参を依頼すると同時に,気道を確保する。
 従来BLSとは一般市民(非医療従事者)が医療器具を用いずに手と口だけで行う心肺蘇生法をいっていたが,2004年7月に厚生労働省がAED( ⇒ )の使用を認めたことによって,BLSの概念が変わった。
1.1人で行う心肺脳蘇生法
 2回の人工呼吸の後,1分間100回の速さで15回胸骨圧迫心臓マッサージを行う。1回の人工呼吸は吹き込み時間に2.0秒かけ,2回の人工呼吸は5秒以内に行わなければならない。その後2回の人工呼吸と15回の胸骨圧迫心臓マッサージの組み合わせを4回行い,その後に循環のサインもしくは脈拍を10秒以内にチェックする。ここでAEDがあれば(致着したら),AEDを装着し,必要であればAEDによる除細動を3回行う。循環のサインがなければ心臓マッサージと人工呼吸を再び行う。脈拍がある場合は人工呼吸を持続する。自発呼吸も出現してきたのちは回復体位(図3-29 [図] )にして経過を観察する。脈拍,循環のサインがなければ,心肺脳蘇生法を続行する。
2.2人で行う心肺脳蘇生法
 助けとAEDを依頼した後,術者の1人が2回の人工呼吸を行い,続いて他の術者が1分間100回くらいの速さで胸骨圧迫心臓マッサージを15回行う。その後,心臓マッサージ15回に2回の割合で人工呼吸を行う。これを4回繰り返した後,循環のサインもしくは脈拍のチェックを行う。以後,AEDに関しては1人の場合と同じである。2人の場合も必ず人工呼吸から開始する。人工呼吸のために心臓マッサージを中断してはならない。
3.1歳以上8歳未満の小児における心肺脳蘇生法
 意識の有無を確かめ,意識がなければ1分間心肺脳蘇生法を行ってから助けを求める。方法は,あご先挙上法( ⇒ )で気道の確保を行い,呼吸がなければ人工呼吸を口対口人工呼吸法で1回に1~1.5秒かけて2回行う。その後自発呼吸や体動がなく,循環のサインがなければ示すように術者の片方の手の手掌基部をみ患者の胸骨下半分の部位において1分間約100回の速さで胸骨圧迫心臓マッサージを行い,心臓マッサージ5回に1回の人工呼吸を1分間行った後に,助けを求める。
4.乳児に対する心肺脳蘇生法
 気道確保をあご挙上法で行い,その後呼吸がなければ人工呼吸を口対口鼻( ⇒ ),口対口,もしくは口対鼻人工呼吸法によって2回行い,もしも循環のサイン( ⇒ )がなければ(もしくは脈拍の触知がなければ)胸骨圧迫心臓マッサージ( ⇒ )を5回,1分間100回の速さで行う。なお,人工呼吸は1回に1~1.5秒かけて呼気の吹き込みを行う。1分間,人工呼吸1回と心臓マッサージ5回とを行った後に助けを求める。助けが来るまで心肺脳蘇生法を続行する。
 なお,「乳児における脈拍の触知」については「ER小講義」を参照のこと。
5.年齢別の心肺脳蘇生法の比較
  に比較を示した。
③二次救命処置(ALS)(ACLS)
 医療器具・機材を用いての,主に医師などの医療従事者が行う救命処置・治療をいう。
[メモ]ACLS
従来ACLSはAdvanced Cardiac Life Supportの略語であったが,米国心臓病協会のガイドライン2000が出て以来,ACLSはAdvanced Cardiovascular Life Supportとなり,必ずしも心停止の蘇生だけを意味するものでなく,もっと広範囲の心疾患や脳血管障害などを救命することを示す用語となった。
1.心肺停止の患者が突然発生した場合の基本的な蘇生法
 1)まず経口的に喉頭鏡を用いて気管チューブで気道を確保する( ⇒ )。
 2)Ambu-bag(R)など自己膨隆型のバッグを用いて(酸素があれば酸素をバッグに流して)人工呼吸を行う( ⇒ )。
 3)鎖骨下静脈,内頸静脈,大腿静脈などの深部静脈に静脈路を確保し,乳酸リンゲル液で輸液を開始する( ⇒ )。
2.心室細動および無脈性心室頻拍の場合
 表3-1 [表] を参照のこと。
3.無脈性電気活動(PEA)の場合
 表3-4 [表] に治療の流れを示した。
4.心静止(asystole)の場合
 表3-5 [表] に治療の流れを示した。
救急マニュアルより参照しました

自衛隊員なら一冊は携行されたい

Re: 人工呼吸

湘南お茶の水(博士)
now,doing?where do you do on?
allways,seach you.

プロフィール

兜山・d・虎徹

Author:兜山・d・虎徹
君の名か のブログへようこそ。

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いままで、このホームページにアクセスして
広告
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-