FC2ブログ

いざいかん岐阜へ 岐阜城(稲葉山城)との遭遇

山の上に城があるのがわかるだろうか。
城
当初、ここに車を置き、山の上に城があるのがわからず、公園のほうに向かった。
城から帰ったとみられる(推測)家族づれがいたので聞いてみた。
兜山「あの城は山を登っていくとありますか?」(カーナビのGPSの表示が山のほうだったので)
母A「はい。けっこうのぼりますけど・・・・」
家族づれはとくに汗はかいていなかった。
山を登る登る。50mぐらいあがったところだっただろうか、ご老体とその孫が登山をしていた。
馬の背コースとなだらかコースの二股のところで迷っているようだった。
馬の背コースというのが早く上れるけど、急なのですね?
ご老体「そうです。20分ぐらいでいけますが急です。でも大人ならのぼれるでしょう。」
兜山「ありがとうございます」
ぼくは大人ということばと20分で上れることで火がついた。友人Aも登るといっている。
登れば登るほど、頂上が見えない。
おいおい、20分は有に超えているぞ!
しかも岩山で雨の降ったあとだったのですべるすべる。
しかもだんだん険しくなってきている。
友人Aを呼ぶ・・・・・「だいじょうぶかー」
友人A「大丈夫だ」
携帯は通じているからだいじょうぶだろう。先を急ぐ。
このまま、中断し、降りるか?しかし、天守閣をみたいではないか。
その思いがぼくを遭難するかもしれない気持ちを無くす。
けっこうのぼると、↑から声が聞こえる・・・・。おお、頂上か!
ぼくは頂上らしきとこまで来たが、なぜかコンクリ。。は?
なぜ舗装されている。。。。しかも看板にはロープウエイ乗り場の文字が;;;;
そんなものあったのか;周りのひとは汗をかいていない。。。。
ちょっと大変な道できてしまったが天守閣はみることができた。
ここが信長が治めた城かー。ここはたしかになかなか攻められんな。
城の内部もみた。
帰りは、ロープウエイで帰った。。。。

岐阜の駅前で、黄金像をみる。
織田信長様

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

兜山・d・虎徹

Author:兜山・d・虎徹
君の名か のブログへようこそ。

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いままで、このホームページにアクセスして
広告
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-