FC2ブログ

11日、部下ほど難しい存在はない。真田幸村 記す

知将・真田幸村は部下を見る眼が鋭く、心配りがゆたたかだった。
「部下からの言葉を聞き、露骨に嫌な顔をしてしまうと、回を重なるにつれて、主人の顔色をうかがいよいことしかいわなくなってしまう、これはトップを行く者が道を誤る最初のつまづきとなりうる、部下と接する際も油断せず、常に緊張してあたるべきだ」

11日にして、いまの現代にも役に立つ言葉を得た気がした。
わかる気がする「逆」も言えるんではないか、上司と接するとき、緊張が大切なのではないか。
常に上司も見ている、甘さに付け込んでは、いけない、厳しさに耐えられることが大切に見られるかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

兜山・d・虎徹

Author:兜山・d・虎徹
君の名か のブログへようこそ。

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いままで、このホームページにアクセスして
広告
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-