FC2ブログ

トイストーリー3

昨日、トイストーリーを見に行った。(友人Aと)
料金の安さと席の選びやすさでレイトショウで鑑賞した。
映画の話で
ねたばれ的であるが、あのアニメの中で僕は、派遣社員ってこんなもんだなとか
昔の彼女に振られたことが交互にぼくの頭の中でよぎった。

また、保育園での話、BOSSができると、厳しい環境になる。
しかし、助け合おうとすれば、仕事環境も変わると。

おもちゃって、つかわれてなんぼという見方が普通なのかもしれない。
しかし、ぼくは、会社というひとつの生活空間で仕事を捨てられると
いう意識が交互に襲った。
そして、後ろの席の女のひとが、ぼく同じタイミングで泣き出した!

えっ、同じ心境

友人の感動は聞いてみるとラストシーンの焼かれようとするシーンだ。

映画が終わった。
偶然にも後ろの席の女性ふたりと出口で出くわした。

ぼくは勇気をふりしぼった。

僕「すみません、泣きました?」

女性「(きょとん)」

僕「先ほど映画で途中で泣きました」

女性「はい。(万遍の笑みで)」

ぼくと女性の意識はシンクロした(エヴァか)

もうこれ以上会話は必要なかった。

友人がトイレへ、

兜山の意識が友人に、移ると、

女性は足早にエスカレーターへ乗り込んだ。

ぼく、「す、すいません」

エスカレーターは女性の足を早くした。

もう、彼女はいなかった。。

もうすこしで、シンクロだけでなく、連絡先交換などができたかもしれないのに。・・

意識をもっと集中しないといけないとおもった(そなあほな

トイストーリーの正しい見方は!?
しかし兜山大悟、トイストーリーで会社環境を振り返る。。そして、女性と泣くタイミングをシンクロする。。
そして、兜山の人生はどうなる・・
プロフィール

兜山・d・虎徹

Author:兜山・d・虎徹
君の名か のブログへようこそ。

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いままで、このホームページにアクセスして
広告
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-